2013年2月28日(木曜日)

平成24年度 高校生職業人育成推進事業におけるキャリア教育推進事業 実施報告

カテゴリー: - hp-admin @ 14時49分10秒

平成24年度の高校生職業人育成推進事業におけるキャリア教育推進事業

について、実施内容、成果や課題などを報告します。

PDFファイルです。

実施報告書(198kb/PDF)


2012年4月11日(水曜日)

平成23年度高校生わがまち夢づくり事業実施報告

カテゴリー: - hp-admin @ 11時38分43秒

 平成23年度高校生わがまち夢づくり事業実施報告 「中島を知り、中島を愛し、中島を元気づける。」

1 主題設定の理由
 本校は生徒数69名のうち約70パーセントが島外から船で通学している。中島出身の生徒はもとより、毎日140分を往復のフェリーに費やして通学している生徒たちが、1年を通して風光明媚な景色の中で、少子高齢化が進み特産であった柑橘類生産の後継者不足もみられる中島の歴史と文化を学び理解を深め地域に関わっていくことが、中島を元気づけることに通じるのではないかと考え、主題を設定した。

2 事業計画
(1)  概要
  ア 地域の歴史と文化の理解
  イ 地域産業の体験
  ウ 地域行事への参画
エ 地域の人々との交流
オ 地域の課題への取組

 (2) 関係団体・協力者等
JA愛媛中島中央支所、特別養護老人ホーム姫ケ浜荘、道具踊り保存会、
中島保育園、小浜老人クラブ、松山市役所中島支所、中島社会福祉協議会、
松山盲学校、中島各事業所

3 実施内容
(1) 史跡・遺跡見学 5月6日(金)
例年の遠足の内容に加えて、わがまち夢づくり事業の一環として中島にある史跡・遺跡の見学を、各学年で実施した。
ア 1年生 文中の板碑、貞治年間の板碑見学
イ 2年生 長隆寺の弥ろくの鐘と仁王像見学
ウ 3年生 泰の山にて城跡見学、桑名神社の船の絵馬見学

H23yume-1.png

 ・文中の板碑

H23yume-2.png 

 ・長隆寺

h23yume-3.png

 ・桑名神社

 

 

 (2) 保育体験活動、保育ボランティア 5月〜2月
 3年生の家庭科の授業科目「発達と保育」での子どもとの体験活動、及びVYS同好会による保育ボランティアを、中島保育園で実施した。「発達と保育」での子どもとの体験活動は、5月から1月の間に授業時間を利用して計11回行った。また、VYS同好会による保育ボランティアは、5月から2月の間に土曜日を中心として計19回行った。毎回2名から5名の同好会生徒が参加し保育ボランティアを行ったが、7月22日(金)の夕涼み会、10月8日(土)の運動会には15名前後の同好会生徒が参加し、12月21日(水)のクリスマス会にはVYS同好会、生徒会役員、家庭クラブ役員の22名が参加し、行事の運営も積極的に行った。
 h23yume-4.png       h23yume-5.png

 

(3) 柑橘栽培体験 7月7日(木)、8日(金)
1年生は、総合的な学習の時間「開拓〜地域の産業と自然環境〜」で、中島の産業について調べ学習を行った。さらに、JA中島支所の職員の方から、中島のみかん産業の歴史と現状についての講演を聞き、みかんの摘果作業を実際に学校農場で教えていただいた。さらに12月にはみかんの収穫を行った。
h23yume-6.png       h23yume-7.png 

(4) 就業体験 7月7日(木)、8日(金)
2年生は、総合的な学習の時間「開拓〜自らの進路を切り拓く〜」で、中島の事業所等(姫ヶ浜ビーチふれ愛ランド中島、フレッシュファクトリートミナガ、ファミリープラザトミナガ、中島郵便局、中島保育園、特別養護老人ホーム姫ヶ浜荘)の協力を得て、就業体験学習を行った。
h23yume-8.png       h23yume-9.png    

 

(5) 保育園児・高齢者交流 7月7日(木)、8日(金)
3年生は、総合的な学習の時間「開拓〜共に生きる社会を目指して〜」で、
中島保育園の保育園児と手作りおもちゃを使って遊んだりして交流をした。また、小浜地区老人クラブの皆さんと食事やクロッケーを共に行ったりして交流を深めた。
h23yume-10.png       h23yume-11.png

 

(6) 特別養護老人ホーム訪問 7月15日(金)、8月15日(月)、18日(木)
 7月15日(金)の特別養護老人ホーム姫ヶ浜荘の花火大会に、VYS同好会生徒11名が参加した。また、8月15日(月)の中島大浦地区盆踊り大会に4名、18日(木)の特別養護老人ホーム姫ヶ浜荘盆踊り大会に9名が参加し、入所している高齢者と触れ合い体験を行った。
h23yume-12.png       h23yume-13.png    

 

(7) トライアスロン中島大会ボランティア 8月21日(日)
第25回トライアスロン中島大会に生徒35名がボランティアとして参加した。出場選手約500名、ボランティア約700名という大きなイベントの一員として、大雨警報が出る豪雨の中、活動を行った。大雨の上に活動場所が中島各地域に及ぶため写真撮影は行えなかった。

 

(8) 伝統芸能継承行事(体育大会) 9月10日(土)
本校1年生が中島小学校6年生とともに中島の伝統芸能「道具踊り」を、体育大会のプログラムに組み入れて実施した。これは毎年実施している行事である。道具踊り保存会により、7月から演技指導、リハーサル、着付け指導などを行い、体育大会当日には、「口説き」を実際に保存会の方にやっていただくなかで演技を行った。
h23yume-14.png       h23yume-15.png

 

(9) 二神島地域調査 9月14日(水)
3年生は、総合的な学習の時間「開拓〜共に生きる社会を目指して〜」で、
9月14日(水)に忽那諸島の一つである二神島を訪問し、中島文化センターの所員の方の案内で二神島各地を巡り歩いた。その後公民館で、3人の地元の方から二神島の歴史・文化・現状などを教えていただいた。
h23yume-16.png       h23yume-17.png

 

 (10) 文化祭 11月5日(土)
 文化祭では、生徒、保護者だけでなく、子どもたちや老人会などの地域の方も朝早くから大勢が観覧した。地域向けの企画としては、午前の部のガレージセール、昼食時のバザー、ヨーヨー釣り、ストラックアウトなどを行った。
また、午後の部では、中学生、高校生、社会人で編成された地元のバンドが有志として参加し、演奏を披露した。
h23yume-18.png       h23yume-19.png     

 

 (11) 松山盲学校とのウォーキング交流 11月16日(水)
松山盲学校高等部の5名の生徒と、本校の生徒会と家庭クラブの役員10名がウォーキング交流を行った。まず、神浦港から盲学校の生徒1人に分校の生徒2人がついて、手引き(誘導)をしながら分校までの約5キロの道を2時間かけて歩き、途中、分校の生徒が中島の史跡・遺跡を紹介した。昼食後、盲学校の生徒による視覚障害について発表、点字を打つ実演、視覚障害の疑似体験などを行った。
h23yume-20.png       h23yume-21.png

    

(12) 高齢者訪問 12月19日(月)
 家庭クラブを中心とした生徒が手作りした年賀カードを、特別養護老人ホーム姫ケ浜荘に入所されているお年寄り全員に、プレゼントした。

h23yume-22.png

(13) 花いっぱい運動 6月13日(月)
 園芸部を中心に、花を育てて、中島の沿道に飾った。

h23yume-23.png

 

4 成果と今後の課題
 (1) アンケートに見られる成果
 平成24年1月6日に全校生徒対象にアンケート〔質問A・B〕を実施した。

〔質問A〕以下の行事は、次のア〜オのどの段階でしたか?
行事ごとに、ア〜オのいずれかを記入してください。
 ア 中島を知り、中島を愛し、中島を元気づけることができた。
 イ 中島を知り、中島を愛する気持ちになった。
 ウ 中島を知ることができた。
 エ テーマを達成するためには適当な行事ではなかった。

 以下に、結果と分析を載せる。
1 史跡・遺跡見学(遠足)
 ア 12%  イ 15%  ウ 68%  エ  5%
2 保育体験活動、保育ボランティア
 ア 36%   イ 39%  ウ  9%  エ  6%
3 柑橘栽培体験
 ア 18%  イ 32%  ウ 45%  エ  5%
4 就業体験 
 ア 19%  イ 22%  ウ 41%  エ 19%
5 保育園児・高齢者交流
 ア 44%  イ 30%  ウ 22%  エ  4%
6 特別養護老人ホーム訪問 
 ア 50%  イ 17%  ウ 28%  エ  6%
7 トライアスロン中島大会ボランティア
 ア 66%  イ 11%  ウ 23%  エ  0%
8 伝統芸能継承行事(体育大会)
 ア 38%  イ 13%  ウ 42%  エ  8%
9 二神島地域調査
 ア 33%  イ 13%  ウ 54%  エ  0%
10 文化祭
 ア 47%  イ 11%  ウ 32%  エ  9%
11 松山盲学校とのウォーキング交流
 ア 21%  イ 29%  ウ 43%  エ  7%
12 高齢者訪問
 ア 50%  イ 11%  ウ 32%  エ  7%
13 花いっぱい運動
 ア 32%  イ 21%  ウ 26%  エ 21%

「ア 中島を知り、中島を愛し、中島を元気づけることができた」という実感を持つ生徒についてみると、生徒企画の行事ではないトライアスロン中島大会(66%)を除くと、保育園児・高齢者に関わるボランティア交流と文化祭で、約50%の生徒が「ア」としていた。また、「エ テーマを達成するためには適当な行事ではなかった」という評価をする生徒が、ほとんどの行事で数%に留まった。

〔質問B〕質問Aの1〜13の行事のうち、最も「中島を知り、中島を愛し、中島を元気づける」ことができたものはどれでしたか?1つ選んで、番号を書いてください。
次に、自分が選んだ行事について理由・コメントを書いてください。

 以下に、選ばれた割合が多い順に、代表的なコメントを載せる。
31% トライアスロン中島大会ボランティア
【3年男子】3年間ボランティアに参加してきましたが、改めて中島を知る良い機会だと思っています。参加する度に自然を感じることができるし、なにより参加選手に対する中島の人々の接し方を見ていると温かい気持ちになります。
15% 文化祭
【2年女子】文化祭には、中島に住むおじいちゃんやおばあちゃんなどお年寄りも参加でき、小さい子どももヨーヨー釣りやストラックアウトなどで触れ合うことができた。また各学年のプレゼンなどで中島のことを知ることができた。触れ合うことで中島の住民を元気づけることができたと思う。
10% 史跡・遺跡見学(遠足)
【2年男子】中島を知ることに関して一番的を射ていたと思う。実際に中島の知らなかったことを知り、中島を愛することにつながった。
10% 保育園児・高齢者交流
【3年女子】保育園児の皆さんとの交流や老人クラブの方との交流は、今までに体験したことのない、とても貴重な時間でした。また、これらの交流を通して中島を愛する気持ちやふるさと中島に対する誇りを大きく感じることができました。改めて中島はすばらしい島だと思える体験でした。
8% 就業体験
【2年男子】やはり一番大きな行事で、多くのことを学ばせていただいた行事だった。ここで学んだことは今後の生活に生かすことができると思う。
8% 二神島地域調査
【3年男子】二神島はめったに行く機会がないので、ふるさと中島とは一味違った文化や歴史を学ぶことができました。二神島の方々との交流も深まり、とても心の温かい人たちばかりだったのでとても良い経験となりました。中島を知り、愛し、元気づけることができましたが、逆に私たちも元気をもらうことができました。
8% 伝統芸能継承行事(体育大会
【1年男子】自分たちが一生懸命に取り組んだことによって、中島の人々が元気に楽しくなってくれたと思います。こういったことをやっていけたら、もっと元気な中島になると思います。そのためにも、自分たちができることを考えていきたいと思います。
5% 柑橘栽培体験
【1年女子】みかん栽培体験では、普通では体験することができないことができ、中島の今のことなども知ることができたので、一番「中島を知り、中島を愛し、中島を元気づける」ことができたと思います。

 (2) 今後の課題
h23yume-24.png 
 本事業を、中島分校では、中島の歴史と文化を学び理解を深め地域に関わっていくことが中島を元気づけることに通じるのではないかと考え、各行事を実施した。
「2 事業計画 (1) 概要」に記したもののうち、「ア 地域の歴史と文化の理解」、「イ 地域産業の体験」、「ウ 地域行事への参画」、「エ 地域の人々との交流」までは、前項の「(1) アンケートに見られる成果」にあるように十分な活動ができたように思う。
 しかし、「オ 地域の課題への取組」まで取り組むことは、現実には難しいものがあった。
愛媛新聞の「記者が歩く」という記事(平成23年11月18日から5回連載)で、中島の現状が、次のように取り上げられていた。
・温州みかんが活況を呈していた1971年には、住民が12,981人いたが、合併で過疎化が一気に加速。2011年4月1日現在人口は4,914人となっている。
・多いときには年約3万トンのかんきつ類を生産し、生産額は79億円に上ったが、現在は1万6千トン、22〜23億円。
・中島では今、高齢化、かんきつ類の価格低迷による生活の不安定さ、そしてイノシシの被害が、農業をやめる三大要因だ。
・40歳以下の後継者がいる農家は、わずか1割にも満たない。
・生産者を取り巻く諸条件が若い女性に敬遠され、せっかく中島で就農した若い男性も、軒並み「婚活」に苦労しているらしい。
 このような地域の課題の解決に対して、高校生が直接取り組むことができることは、ないかもしれない。しかし、本事業で少しずつ醸成された「中島を知り、中島を愛し、中島を元気づける」という意識が、将来何らかの形で地域の課題の解決に取り組む人材の輩出に結びついていくのではないかと考える。
 最後に、高齢者との交流について書いた生徒の感想の一部を載せて、締めくくりとしたい。
【3年女子】中島を元気づけるということは難しいけど、交流をすることで中島の人たちに楽しいと思っていただけたら、元気づけたということになるのかなと思います。


2012年4月10日(火曜日)

学校関係者評価・自己評価

カテゴリー: - hp-admin @ 08時47分46秒

平成23年度の学校関係者評価および自己評価をアップしました。

PDFファイルです。

 

botan_green.gif学校関係者評価(108kb/PDF)

botan_green.gif自己評価(228kb/PDF)


2011年9月14日(水曜日)

センパイと語るキャリア講演会

カテゴリー: - hp-admin @ 16時03分15秒

各方面で活躍している卒業生を招いて講演会を実施しました。(9月14日実施)
 卒業生3名(愛媛大学理学部生・法文学部生・道後山の手ホテル職員)

20120307-4.png 20120307-6.png

【生徒の感想文より】
・大学や専門学校に進学する前に、それなりの準備が必要だと思いました。
・専門学校にしろ就職にしろ、中途半端な気持ちで入ると、ものすごく苦しいことや今のうちにやれることはやっておいたほうがいいということも分かりました。
・自分も広い視野で物事を見て、自分の道をしっかりと見つけたいと思います。最後の「3つの責任」の言葉が心に残りました。
・大学は高校と違って、好きな授業を受けて、自由な時間ができると聞いたので楽しみです。
(2012/03/07 記事UP)


2011年7月7日(木曜日)

企業等におけるインターンシップ 7月

カテゴリー: - hp-admin @ 16時02分03秒

 2年生総合的な学習の時間「開拓〜自らの進路を切り拓く〜」(7月7日・8日実施)
 中島の事業所等(姫ヶ浜ビーチふれ愛ランド中島、フレッシュファクトリートミナガ、ファミリープラザトミナガ、
中島郵便局、中島保育園、特別養護老人ホーム姫ヶ浜荘)のご協力を得て、就業体験学習を行いました。

20120307-1.png 20120307-2.png

【生徒のお礼状より】
 2日間ありがとうございました。私が2日間で学んだことが2つあります。1つ目は、子ども達と楽しむだけではなくて、いけない事をしたら注意することの大切さです。私はたくさん注意しました。それを素直に聞いてくれたので、すごくうれしかったです。2つ目は、仕事をするにあたっての礼儀です。朝来たら先生にも子ども達にもあいさつをする。それはあたり前な事です。私があいさつをしたら、あいさつを返してくれて頑張ろうという気持ちになりました。
 私はまだ進路が決まっていないので、この職場体験を通して改めて考えてみようと思いました。ありがとうございました。
(2012/03/07 記事UP)


2011年6月30日(木曜日)

わがまち夢づくり 6月

カテゴリー: - hp-admin @ 00時00分00秒

「高校生わがまち夢づくり事業」

 6月の活動です。

(1)事業をすすめるための委員会開催(6月6日)

(2)花いっぱい運動
園芸部、読書部、茶華道部、囲碁将棋部(6月13日)
h23matidukuri_6gatu_1.JPGh23matidukuri_6gatu_2.JPGh23matidukuri_6gatu_3.JPG

 

(3)中島保育園での保育ボランティア
VYS同好会(5月21日、5月28日、6月11日、6月18日)
h23matidukuri_6gatu_4.JPGh23matidukuri_6gatu_5.JPGh23matidukuri_6gatu_6.JPG

 

(4)「発達と保育」授業での子どもとの体験活動
3年生(5月10日、5月24日、6月7日、6月21日)


2011年5月31日(火曜日)

わがまち夢づくり 5月

カテゴリー: - hp-admin @ 15時57分38秒

 

「中島を知り、中島を愛し、中島を元気づける」

◇遠足 5月6日(金)
 本校は今年度「高校生わがまち夢づくり事業」に指定されました。
 テーマは「中島を知り、中島を愛し、中島を元気づける」です。
 1年間様々な行事を通して「中島を知り、中島を愛し、中島を元気づける」ことができたらと思います。
 その第1弾として、遠足にも各学年に「中島を知る」活動を取り入れました。

 

1年生  史跡見学(文中の板碑、貞治年間の板碑)
       姫ヶ浜ビーチでバーベキュー

h23matidukuri_mati1_1.jpg 私は遠足がとっても楽しみでした。高校生になって初めての遠足だったし、クラスの友達と仲良くなれるのですごく楽しみでした。歩くのは少し疲れたけどしゃべりながらだとすぐでした。文中の板碑は文字があまり見えませんでした。でも、プリントを読んだらすごいものだと知り驚きました。貞治年間の板碑は大きなところでした。ここも文字は残念ながら見えませんでしたが、お参りしてとても楽しかったです。海に行くまではホントにすぐでビックリでした。BBQはホントに楽しかったです。班の人たちと協力して火を起こすことができてうれしかったです。お肉や野菜はみんなで食べたのですごーくおいしかったです。帰りはとっても疲れました。足がパンパンでしんどかったです。でも、遠足は楽しかったです。

 

 

 

2年生 長隆寺見学
      班別でカレー作り、スポーツ

h23matidukuri_mati2.jpg 遠足では長隆寺に行きました。行ったことはありましたが、詳しく知る機会がなかったので良い機会になりました。見ていると興味もわいてきて普段とはまた違った楽しみ方ができたんじゃないかなと思います。お昼はカレーを食べました。班のみんなと協力して作ったカレーはとてもおいしかった。午後はスポーツをしました。スポーツが苦手な人も一生懸命に取り組んでくれてとても充実していました。普段見ることのできない意外な面もあり、一段と仲良くなれたしクラスの雰囲気も良くなってきていると思います。次の行事が楽しみです。

 

 

 

3年生 泰の山にて城跡見学、桑名神社見学
      自転車による中島周遊走

h23matidukuri_mati3.jpg GW中、特に外で運動という事がなく、久々の学校ということもあり少しワクワクしていました。3年目の遠足ですが今年ほど移動範囲が広いのは初めてで不思議な感じでした。一番最初に城跡を見に行くことになり長い山道を登りながら眺めた中島がキレイでとても印象深い景色でした。登りきって「城跡」だから何かあるのかと思いきや特になく、少しガッカリ。その後下山し、あみあげビーチではしゃぎ疲れのままわけもわからないことで笑っていたのは、今思えば恥ずかしい。全体的にのんびりとした一日でした。久々にクラスのみんなと会ったので話が弾んで楽しかった。これから考査や受験で精神的に疲れると思いますが、一日一日を大事に勉強ばかりでなく遠足などの学校行事も楽しく取り組みたいと改めて思いました。

 

 

 


2011年3月31日(木曜日)

平成22年度高校生温暖化防止推進事業 報告

カテゴリー: - hp-admin @ 10時38分37秒

 本校は平成22年度高校生温暖化防止推進事業の推進校に指定されました。
本校での活動内容や研究成果などを報告します。

報告結果はコチラ(旧サイトになります)

botan_green.gif平成22年度高校生温暖化防止推進事業


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress