2021年2月の記事一覧

生徒会誌「み津ばち」

 中島分校の生徒会誌「み津ばち」が完成しました。

 生徒会誌のタイトルを見て、なぜ、「み津ばち」なのか?また、なぜ「津」だけ漢字が使われているのか?と不思議に思った生徒は多いのではないでしょうか。

第一号の「み津ばち」です。昆虫の「蜜蜂」だったのですね。

 分校が創設されるときに、生徒も協力して働いている様子が、中島のミカンの花の間を懸命に飛び回って蜜を集めている「ミツバチ」の姿とかぶらせたのではと言われていますが、正式な記録がありませんでした。

 また、「津」だけ漢字の理由については、ひらがなの「つ」の由来が漢字の「津」(「川」の漢字が由来がというのが一般的)から来ているのではと推測されますが、これもはっきりした記録が残っていませんでした。

 うーん。分校七不思議?