お知らせ

 

     

     

 
 

                    御挨拶  「開拓者精神」 ー中島の学舎ー

                                         愛媛県立松山北高等学校長 友澤 義弘

 
 
 

    本校は、昭和23年、向学心に燃える先輩たちが、幾多の苦難を乗り越え、地域の人々を動かして学校を創立された「開拓者精神」が本校の伝統的精神として受け継がれている、今年で73年目を迎える学校です。

  本校の校訓は、「文武心」です。勉強と部活動を含め自分の得意なことに挑戦する文武両道に加えて、「心」の

長も書き込んでいます。「感謝」、「謙虚さ」、「尊敬」など、「心」を磨き、自らの人間性を高める努力の実践を

目標としています。 

ここ中島は、地元で歌われている「ふるさと中島賛歌」の歌詞には、「いのちの声が聴こえる ふるさとの海、母

る忽那の島」と表現されています。歌手坂本冬美さんが第二のふるさとと語った島であり、彼女が歌った「白いかお

りの島へ」の歌詞には、「明るい笑顔の花が咲く島」と表現されています。

 この緑豊かで潮風香る、素晴らしい環境に位置し、温かい人々に接しながら学校生活ができる中島分校で、皆さ

一人一人がそれぞれの個性を発揮し、自分のペースで積み重ねた様々な経験は、一生の宝物になるに違いありません。

 笑顔(愛顔)の花に囲まれ、それぞれの才能を伸ばし、豊かな心を育みながら、人間的に大きく成長し、希望に

ちた高校生活ができることを期待しています。

   保護者の皆様が大切に育ててこられた可能性ある若者たちを、次のステージへ力強く踏み出せるよう、御家庭の

様と学校が力を合わせて、さらには地元中島の皆様にも見守っていただきながら、一人ひとりの成長を支えることが

できますよう、御理解と御協力をお願いいたします。

 

   令和3年度 愛媛県立松山北高等学校中島分校 入学式式辞 全文

    

 
    ・令和3年度 本校の校長室はこちらへ